スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-23メンバー発表

久々の更新となってしまいました…。ですので、少ーしホットな話題で書かせていただきます!

オリンピックまであと少し。その中、ついにメンバー18人が発表となりました。
GK:権田、安藤
DF:吉田(OA)、徳永(OA)、山村、鈴木、酒井(宏)、酒井(高)
MF:清武、村松、東、扇原、宇佐美、山口
FW:永井、大津、斎藤、杉本
BM:林(OA)、大岩、米本、山崎

以上、バックアップメンバー含め22人が選出されました。

選考に関しては方々からいろんな声が聞こえてきますよね。まぁ賛否両論あるのは当たり前ですので、結構だと思いますが。
そんな中自分も一つだけ…。「期待」という意味で、大津や清武、両酒井、宇佐美など、海外クラブ所属の選手が選ばれ、活躍する場を与えられているのは、非常に楽しみな部分です(吉田も海外か笑)。
そして今回の活躍によっては、誰が試合に出場するかで変わりますが、山村や東、扇原、永井や斎藤にも、海外移籍への道が出てくるかもしれませんね。特に山村には非常に期待しています。ケガがあったり、熾烈なポジション争いがあって、なかなか出場のチャンスは回ってこないかもしれませんが、現代サッカーのDFに必要な要素をたくさんもっている逸材だと思います。成長具合によっては、今年スクデットを獲ったユーベの3バックにピッタリなタレントを持つかもしれません。

期待がいる一方、残念だったのはやはり宮市のこと。ケガでもなければサプライズ選出されると私は踏んでいただけに、発表があった日はかなーり残念がっていました。宮市を選出してほしかった理由は、国際経験を日本の未来のために積ませてほしかったから、という1点です。A代表でもスーパーサブ的な扱いで出場がありましたが、その起用法は理に適っていると思います。しかし元来スーパーサブというのは、経験豊富で試合の流れを一瞬で変えられるタレントなはず(無論試合の流れを読み切っている必要がある)。それには宮市には経験が圧倒的に足りません…。これからA代表で活躍する素地を作るためにも、ぜひ今回の経験が欲しかった!

あと、これは宮市だけでなく、有能なサイドバックがたくさんいる日本だからこそ言えることですが、ワイドアタックをかける際、ウイング適正が非常に高い選手が一人いるかいないかで、戦術の幅がぐーーーっと広まります。例えば今回香川が移籍するマンU。イングランドサッカーらしく、昔からサイドアタックの切れ味は世界屈指のクラブですが、必ずサイドハーフ、あるいはウインガーには優秀な選手を揃えています。今ならナニやバレンシア、ヤング、ちょっと前はC.ロナウド、一昔前はベッカムやギグスですね。サイドハーフとサイドバックの連携でサイドを有効活用して、常勝軍団を作りだしたのです。発展途上にある日本も目指す形はこれです!
サッカーは基本的にサイドの方が時間が作れます。中央ではボールはワンタッチ分の時間しか取れないのが現代サッカーです。サイドを使ってアタッキングサードの攻略を行うのが、最も理に適っているのです。

長くなってきたので、続きはまたの機会に譲りたいと思います!
スペイン代表の優勝で最高の興奮を味わったレグルスでした

U-23代表、シリア戦敗戦…

2月5日、U-23代表のシリア戦が行われましたね。勝てばオリンピック出場に王手!って状態で臨んだ、逃げ場のある戦いでした。

結果は2-1の敗戦。大迫のオウンゴールとスーパーゴールによる2点で、敗戦となりました。奪取した1点は久々永井のゴール。微妙な大迫のパスを、うまくゴール左隅に流し込みました。
負けは負け。これで立場は逆転し、追う立場になってしまった!

しかし、結果は結果として、当然残念ではありますが、ここから学んでいかなければなりませんよね!

今回見えた課題で一番大きいのは、波に乗れないときの戦い方を学ばねばならん!ってことです。
ピッチが劣悪だったり、相手が攻勢をかけてくるってわかっていたり、ケガ等で予定外の交代を強いられたり。そういった際、日本人が志向しているサッカースタイルは、基本的に波に乗れない状況になります。波に乗れないと言うのは、結局運を引き寄せられないことにもなり、勝負では不利になりますよね。
でもその中で、勝ち、あるいは引き分けをもぎ取れるか。どうやったらいいのか。どうすべきなのか。それを選手個々がはっきりと意識し、そして共有する必要があります。それが選手全員バラバラでした。

試合巧者と言われるトップレベルのチームは、力の強弱を使い分けると共に、それをチーム全体が共有しているように、実にキレイにチームが機能します。年代問わず日本代表には、この意識が欠けています。
こういった意識はどうやって醸成されていくのか、それを少しずつでも考え、実践していかなければ、歴史で劣る日本サッカーが世界と肩を並べる日は来ない、そう思っています。

いろんな視点から日本サッカーと海外サッカーを見ていきたい、それが私個人の観点なので、そんなことをこれからもつらつらと書いていきたいな~、って思います!
どうぞよろしくお願いします☆

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

生まれ変わり

本日より、前回までの気ままな狩り日記を中断し、
サッカー論を振り回す少年のような大人が日記を、
そして思ったことを綴っていく場にしていきます!

個人的に思ったこと、考えたことを記事にしていくので、
つまらないことこの上ないと思いますが、いろいろ考えて、
情報収集していろんな面から書いていきたいな、って思ってます!

どうぞよろしくお願いします

久ヴィさにっきーん

本日は友人(もちろん狩り仲間)と久々に会うことができたので、ガッツリ5時間くらいいってやったよ!!!

始める前は金銀が出現してない上位の一番上だったわけですが、とりあえず2匹狩猟クエクリアしまくって、なんとこ金銀を出すことに成功しました…
そして金銀瞬殺して
シェンガオレン瞬殺して
アカムも瞬殺して
ヒプノ2頭も瞬殺して
あっという間にG級に昇格でーーーーす!!w

あっという間といっても5時間かかったわけですが…。集会所とか最短で進めてたので、20匹程度出現条件を満たすのに足りなかったわけですよ。欲しい素材も甲殻種だったり古龍種だったりで、飛竜を相手にしてなかったからね~。

さて、まったくもって久々のG級だったわけですが、上位防具で相対したのも久々なわけで、ちょっと被弾するといくらヒプノでもちょっと痛い…。G級の緊張感はなかなかだったな、相変わらず!

ではこれからは、G級をちょこちょこやりながら、ある程度武器防具を揃えていきたいと思います。まずはG級をやれる武器をつくらにゃならんしの~~


ではでは、大剣の使い手として順調に成長を続けるレグルスでした(ペコ

ドスギアノス・ランポス・ゲネポス・イーオス攻略

ドスやろーども(めんどいので一緒くたにw)
出現マップ:各地
付いてる攻撃属性:なし
弱点属性:基本雷でおk
オススメオトモ:特になし(いるだけでオススメwだよ)
オススメスキル:攻撃特化系でOK
オススメ持込アイテム:閃光玉(解氷剤、解毒薬はお好みで)

やり易い武器:双剣、大剣、ハンマー

双剣攻略
オススメ武器:効く属性が意外とバラバラなので、確認して対応した属性双剣で行けばおk
強走薬があると楽だけど、なくても大丈夫。
真後ろから乱舞、これを繰り返してるだけで勝てます。仰け反ると後ろに距離が離れますが、真後ろから乱舞する場合は関係ないからです。
たぶんあっという間かと。

大剣攻略
オススメ武器:属性ではなく攻撃力重視
セオリー通り、抜刀→回避もありですが、ごりおししてもおk。怯みがわかるなら、抜刀状態で連続攻撃ができます。イーオス以外なら特に問題なくそれで倒せます。

ハンマー攻略
オススメ武器:大剣と同じく攻撃力重視。また麻痺武器も推奨できる。
どこ叩いても蓄積されるので、ちょっとした隙にでもため1or2を叩き込んだり、慣れてないなら溜め3を順次当てるだけで倒せます。麻痺武器とかも有効ですね。適当に攻撃→ピヨ→麻痺でずっと俺のターンです。楽々です。

閃光玉は、当てると前後にふらふらするだけで、めちゃくちゃ無防備になります。さっさと終わらせたいときは、持って行くのも良いかもしれませんが、あってもなくてもたいして討伐時間は変わらない気もしますねw

弱点属性など適当で申し訳ないですが、こんなところで苦戦はしていられないでしょうし、属性は気にしなくても物理攻撃が通るので気にしちゃいけません!!
プロフィール

REGULUS-TORRES

Author:REGULUS-TORRES
REGULUSのぼやぼやサッカーにようこそ!

小学校までサッカーをやり、中学は泣いてサッカーを手放し、高校でフットサルを始め、大学以降はフットサルと観戦、そしてテレビ・雑誌を駆使して情報を集める、サッカー大好き人間の一人です。
個人的な思いや感想を綴っていければと思って、これからもやっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。