スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-23メンバー発表

久々の更新となってしまいました…。ですので、少ーしホットな話題で書かせていただきます!

オリンピックまであと少し。その中、ついにメンバー18人が発表となりました。
GK:権田、安藤
DF:吉田(OA)、徳永(OA)、山村、鈴木、酒井(宏)、酒井(高)
MF:清武、村松、東、扇原、宇佐美、山口
FW:永井、大津、斎藤、杉本
BM:林(OA)、大岩、米本、山崎

以上、バックアップメンバー含め22人が選出されました。

選考に関しては方々からいろんな声が聞こえてきますよね。まぁ賛否両論あるのは当たり前ですので、結構だと思いますが。
そんな中自分も一つだけ…。「期待」という意味で、大津や清武、両酒井、宇佐美など、海外クラブ所属の選手が選ばれ、活躍する場を与えられているのは、非常に楽しみな部分です(吉田も海外か笑)。
そして今回の活躍によっては、誰が試合に出場するかで変わりますが、山村や東、扇原、永井や斎藤にも、海外移籍への道が出てくるかもしれませんね。特に山村には非常に期待しています。ケガがあったり、熾烈なポジション争いがあって、なかなか出場のチャンスは回ってこないかもしれませんが、現代サッカーのDFに必要な要素をたくさんもっている逸材だと思います。成長具合によっては、今年スクデットを獲ったユーベの3バックにピッタリなタレントを持つかもしれません。

期待がいる一方、残念だったのはやはり宮市のこと。ケガでもなければサプライズ選出されると私は踏んでいただけに、発表があった日はかなーり残念がっていました。宮市を選出してほしかった理由は、国際経験を日本の未来のために積ませてほしかったから、という1点です。A代表でもスーパーサブ的な扱いで出場がありましたが、その起用法は理に適っていると思います。しかし元来スーパーサブというのは、経験豊富で試合の流れを一瞬で変えられるタレントなはず(無論試合の流れを読み切っている必要がある)。それには宮市には経験が圧倒的に足りません…。これからA代表で活躍する素地を作るためにも、ぜひ今回の経験が欲しかった!

あと、これは宮市だけでなく、有能なサイドバックがたくさんいる日本だからこそ言えることですが、ワイドアタックをかける際、ウイング適正が非常に高い選手が一人いるかいないかで、戦術の幅がぐーーーっと広まります。例えば今回香川が移籍するマンU。イングランドサッカーらしく、昔からサイドアタックの切れ味は世界屈指のクラブですが、必ずサイドハーフ、あるいはウインガーには優秀な選手を揃えています。今ならナニやバレンシア、ヤング、ちょっと前はC.ロナウド、一昔前はベッカムやギグスですね。サイドハーフとサイドバックの連携でサイドを有効活用して、常勝軍団を作りだしたのです。発展途上にある日本も目指す形はこれです!
サッカーは基本的にサイドの方が時間が作れます。中央ではボールはワンタッチ分の時間しか取れないのが現代サッカーです。サイドを使ってアタッキングサードの攻略を行うのが、最も理に適っているのです。

長くなってきたので、続きはまたの機会に譲りたいと思います!
スペイン代表の優勝で最高の興奮を味わったレグルスでした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

REGULUS-TORRES

Author:REGULUS-TORRES
REGULUSのぼやぼやサッカーにようこそ!

小学校までサッカーをやり、中学は泣いてサッカーを手放し、高校でフットサルを始め、大学以降はフットサルと観戦、そしてテレビ・雑誌を駆使して情報を集める、サッカー大好き人間の一人です。
個人的な思いや感想を綴っていければと思って、これからもやっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。