スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮市亮 ウィガンへ

こんにちは。ファン・ペルシのマンU移籍に驚いているレグルスです。

私はファン・ペルシ大好きです。というかベルカンプっていうアンリと一緒にアーセナルで活躍していたオランダ代表の選手がいたのですが、私は彼のことが大好きだったんですね。そしてファン・ペルシは彼の後継者ともいえる、華麗なプレーを見せてくれるんです。好きになっちゃいますよね~
あ、そういえば今日はアンリの誕生日ですね(私もですが)。おめでとうございます!

さてさて、本題の宮市の話。宮市って183センチも身長あったんですね。驚きました。
さて、ウィガンへ移籍した宮市。アーセナルでの活躍は見られませんでしたが、昨季に続きプレミアで彼の勇姿を見られるのはとても嬉しいです。
ウィガンと言えばオマーンのアル・ハブシがいますよね。W杯予選の時にも話題になっていましたが、自宅が近いそうで、プレー環境としてはなかなかよろしいのでは?香川や長谷部も活躍に当たって近くに住む選手のフォローがあったみたいで、それが良い方向に作用すると考えられます。そういった意味では、宮市もアル・ハブシの助力をうまい具合に受けられれば、きっと大活躍してくれるでしょう!!!

では宮市の活躍の条件を。
ウィガンというチームの特徴は、どちらかといえばイングランド伝統のキック&ラッシュに近いですね。昨季に在籍していたボルトンと同じです。ここで問題なのは、足元に欲しがることの多い宮市が、キック&ラッシュの中でどうやったら活躍できるのかということです。
条件の1つ目。まずはオフ・ザ・ボールの動きの質を高めること。ドリブルとスピードに自信を持っていることから、足元にボールを収めてから仕掛けることが多いですが、動きながらボールを受ければスピードに乗った状態で仕掛けることが可能になります。自慢のスピードやドリブルが、さらに活かされるわけです。
2つ目。キック&ラッシュをしない時。これはボールを足元に収める可能性が出てくるので、如何に前を向けるかが大事になります。前を向くのに必要なのは、ボールを受けるときの判断(オフ・ザ・ボールの動きの質)とファーストトラップの質になります。これで前を向ければ、ドリブルで突っかけることができます。

日本選手で見習う人を挙げれば、1つ目は永井、2つ目は香川でしょうか。共に同じ世代となり、刺激を受ける相手ともいえるので、ぜひともそこから吸収してもらいたいですね~
ひとまずこの2点を挙げておきます。ゴールとかアシストとかドリブルの有効活用とか、もっとありますが、それは今週末にシーズンが開幕してから見ていきましょう!

ということで、次回は香川のことを考えたいな~、と思うレグルスが、お送りしました。
スポンサーサイト

ベネズエラ戦

こんばんは!レグルスです。

さぁ、本日はベネズエラ戦ですね。
以下SM(スターティングメンバー)です。

GK:川島
CB:吉田、伊野波
SB:駒野、長友
CH:長谷部、遠藤
2列目:岡崎、本田、香川
FW:前田

です。今野や内田が出場不可なのもあり、少しメンバーは変わっていますが、十分良いメンバーを集められたのではないかと。伊野波は急に呼ばれだしましたね。私の中ではお笑い要員だったのですが、ザックは見てるんだね~
今回の期待は、五輪に出場せずマンUでのプレーに集中した香川、ついに代表FWの核になりつつある前田、ですね。トップの4人と、長谷部、長友、駒野が絡む機動性のある攻撃を見たいです!

さて、ピザとビールを片手に、観戦させていただきます~~~
では!レグルスでした!

五輪終了

こんにちは、レグルスです。

五輪、終わりましたね(サッカーは)。男子はメキシコ、女子はアメリカが優勝。2位がそれぞれブラジル、日本、3位が韓国、カナダ、4位が日本、フランス、という結果でしたね。
こうやって見てみると、男子は中南米と極東アジア、女子は北米とヨーロッパと日本、ということで、アジアの躍進とヨーロッパの少なさが特徴ですね。ロンドン開催ってことで云わばヨーロッパのチームはホームに近かったのに。しかしそれが意外と他の競技でもあって、ヨーロッパが引っ張ってきた時代の終焉を予感させますね…。私はヨーロッパ好きすきなので、結構残念ではありますが。。。

忘れていけないのは、日本の躍進です。44年ぶりの準決勝進出の男子、そして初のメダルとなった女子。どっちも結果を出しました。すごい結果を。
女子はもぉ人気でもスゴイですね。澤さんは今の状況を2年前に思い浮かべることができていたでしょうか?でも強さは本物だと思いました、アメリカ戦を見ていて。アメリカの強さはたしかにそれを上回っていましたが、この短期間でそのアメリカにここまで近づいてきたのは、なかなかないことだと思います。ブラジルやフランス、カナダ、スウェーデンといった列強を打破して決勝に進出した事実が、成長を物語っています。これから澤さんと佐々木監督がいなくなる代表がどうなるか、非常に興味深いですね。

そして男子。私は男子はまだまだ勝てない。W杯優勝は20年以上先だと見越しているため、今回の五輪での躍進は本当に予想外でした。嬉しい誤算ってやつですね!特にエジプト戦までの試合内容は本当に良かった。勝利に内容が伴っていた、という感じ。日本サッカーのあるべき姿の一つを、関塚監督が見せてくれたのではないか、と思います。
具体的には、前線からの組織的な守備、そこからのショートカウンター、それが無理な場合の遅攻でのくさびからの展開、こういったものです。こうやって見ると攻撃につながるものが多いですね。
しかしメキシコ戦以降は悪い部分が表に出てしまいました。それは守備の甘さと攻撃のバリエーションのなさ、そして決定力の不足です。守備は、解説の方もおっしゃっておりましたが、あと30センチから1メートル、ボールホルダーに寄せないとだめ。これは昔から日本人は出来ていません。攻撃のバリエーションは、五輪世代はA代表より良かったですけど、やはり動きが足りなすぎる。攻撃は「動」、守備は「静」が基本ですが、攻撃の動がまったく機能不全に陥っていました(メキシコ戦と韓国戦後半)。最後の決定力不足は長年の課題なので置いておきます。

今回の五輪は、非常に実り多いものになったと思います。マスコミはわからないでしょうが、この結果を前進と受け止めて、さらなる日本サッカーの発展に寄与してもらえたら最高ですよね!次のW杯も、とても楽しみになりました。期待を持たせてくれる選手たちに、本当に感謝です!!!

長々とすいません…。次は日本サッカーのことでも書ければと思っている、レグルスでした~

女子サッカー 日本vsアメリカ

今から23時間くらい前でしょうか、サッカー日本女子代表のアメリカ戦、五輪の決勝が始まりました。

ちゃーんと最後まで見ていましたが、なんと視聴率は25%近かったそうで!国民の4分の1が見た計算になるのは、スゴイですよね~。これがスポーツの力なんだな、って思います。

結果としては1-2で、残念ながら一番輝いているメダルは逃してしまいましたが、「金より良い」って書く銀のメダルを獲得できたのも、日本のサッカー史の中で非常に大切なこと、重要なことです。しかも試合も素晴らしいものだったのではないか、と思います。
試合結果を考えると、ドイツでも言われていますが、やっぱりあのハンドがあれば…と思ってしまって(><)あんまり審判のことを突っ込んでも意味ないんですけど、これだけ実力が拮抗している、あるいは不利な状況にある中で、あの笛の有無で大きな分かれ道になる、岐路になるってことがあるんで、なんとかなればな~って考えてしまいますね。
それよりなにより、試合内容は良かった!何度もアメリカのゴールに迫っていき、あと一歩で同点、あるいは逆転といけそうでした。点を入れられてから動きが良くなったのは(男子もそうなんですけど)なんだかな~と思いますね。むろん、入れられて動きが悪くなるチームだって多いので、いい所ではあるんですけどね…。サイドバーやゴールバーに当たって入らなかったシュート、抜け出した選手のシュート、これからはこういった「一歩の差」を確実に沈められれば、世界№1も見えてきますね。今大会のアメリカ、カナダ、フランスは全部そういったことが出来ていました。日本もブラジル戦はすごかったですけどね。毎試合発揮出来たら最強ですね。

さて、本日は男子の3位決定戦です!なんと五輪の試合で日韓戦となりました。世界大会の中でベスト4に極東の国が二つ…これはすごい事実です。成長を感じますね。
結果はどうなるのでしょうか。世界的なサッカーの発展からみたら、日韓どちらでも価値は十分ありますが、やはり日本に勝ってほしいよね~。私の中の「持ってる漢」大津、あとは今まではアシストに徹してきた感のある清武、個人的にA代表でも期待できるんではと考えている扇原、そしてなんといっても「お笑い芸人」吉田。彼らの大活躍を期待します!
東やダブル酒井、徳永は良い意味でパフォーマンスが一定していますんで、上の4人が爆発的にコンディション含め活躍できたら、銅のメダルは日本のものではないでしょうか。楽しみです☆

さぁ、44年ぶりのメダルを獲りましょう!!!

男子サッカー五輪代表 エジプト撃破!

全然タイムリーな話題ではないですが、エジプトを撃破しましたね!代表の方々、本当におめでとうございます!!

そもそもGS突破、しかも1位突破、本当にお疲れさまでしたと伝えたいです。今までGS敗退を何度も見てきただけに、スペインがいるグループを首位で突破できたことは本当にすごい。確固たる自信として良いですよね。
私は以前も記事で書きましたが、スペインが好きです。日本とスペインが戦ったら、スペインを応援するってことでしたが、若い世代は違う(笑)私自身、年齢が彼らに近いのもあるのかもしれませんが、若い世代の人たちは世界に大きく羽ばたくビッグチャンスだから、スペインだろうと撃破してほしかった!
そしてまさしくスペインを撃破したわけです。いやー、試合終了のホイッスルを聞いたときは、涙がでました。大津と一緒に泣いちゃったんです。だから今は「持ってる漢」大津が好きです(笑)

さて、手放しでスペイン勝利を褒め称えておりますが、あれは本当に良いサッカーをしていました。結局スペインはGS敗退となりましたが、よっぽど調子が悪かったのか?それともメンバーが足らなかったのか??両方ともないと思います。調子の面で言えば、悪いというより「悪くなった」という感じではないでしょうか。全試合を見たわけではないのでなんともいえませんが、スペインのサッカーは点を取れないのはもぉお決まりみたいなもので、2試合目以降も点を取れなかったこと=不調と考える材料にはなりません。むしろ初戦であれほどまでに自由を制限された試合をさせられ、そして本国ではこっぴどく批判されたわけで。そこから調子が崩れていったのではないか?と私は考えています。
スペイン代表については次回の記事にも続けたいと思います☆

ちなみに以前五輪代表のメンバーのことを書きましたが、永井があれほどまで短期間で波に乗ることは全く想像できていませんでした…。自分の見識のなさを恥じてしまいます。しかし、ロンドン五輪世代、早くA代表に入ってほしいですね!期待大の選手がたくさんいますよ~~!誰がオススメかは、次回に回します(笑)

ではでは、今日明日とサッカーあって超楽しみなレグルスでした☆
プロフィール

REGULUS-TORRES

Author:REGULUS-TORRES
REGULUSのぼやぼやサッカーにようこそ!

小学校までサッカーをやり、中学は泣いてサッカーを手放し、高校でフットサルを始め、大学以降はフットサルと観戦、そしてテレビ・雑誌を駆使して情報を集める、サッカー大好き人間の一人です。
個人的な思いや感想を綴っていければと思って、これからもやっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。